オリモノの臭いが魚臭い、生臭い、などの症状がある場合は、細菌性膣炎(さいきんせいちつえん)を発症している可能性が高いです。膣内を清潔に保って、改善していきましょう。

細菌性膣炎って何?

細菌性膣炎とは、雑菌により膣内が炎症を起こしてしまっている状態のことです。

膣内には、常に善玉菌(デーデルライン桿菌・乳酸桿菌)と、悪玉菌(ブドウ球菌・大腸菌)が共存しています。悪玉菌や、細菌が異常に繁殖し、善玉菌とのバランスが崩れてしまうと、細菌性膣炎にかかります。

デーデルライン桿菌・乳酸菌は、膣内に”細菌”が侵入しないように、バリアを作る働きがありますが、悪玉菌が増殖しすぎると、処理が追い付かなくなってしまい膣内環境が悪化します。これにより、細菌が増殖し、細菌性膣炎を発症してしまうのです。

ストップ左

細菌性膣炎は、膣内部の細菌の増殖により、ダメージを受けている状態です。

細菌性膣炎の症状

細菌性膣炎の主な症状として、オリモノの異常があげられます。

  • 大量のオリモノ
  • 淡い黄色をしている
  • 水っぽくサラっとしている
  • 粘着質で、ベトっとしている
  • 魚臭い、生臭い、酸っぱい臭い

まれに、高熱、下痢、嘔吐、などの症状を伴う場合もありますが、これは雑菌により中毒を起こしている状態なので、ここまで進行してしまうと非常に危険な状態です。早急に産婦人科で治療を受けましょう。

こういった酷い症状でない場合は、膣内洗浄剤で膣内を清潔に保ち、膣内環境を整えることで、症状の改善が可能です。

細菌性膣炎は、性病と症状が似ていますが、雑菌による膣内の炎症であって、性感染症では無いため、産婦人科に行かなくても改善することができます。

細菌性膣炎の予防法

膣内を清潔に保つために注意したい2つのポイント

  • 膣内は酸性に保たれているため、通常のボディーソープや石鹸では、洗浄力が強すぎてしまい、雑菌の繁殖を防いでいる善玉菌まで一緒に洗い流してしまいます。
  • 水だけで洗うこともあまり効果がありません。水であれば刺激は少なくいですが、洗浄力が弱いため、雑菌や汚れを洗い流すことができません。
オンプ右

膣内を清潔に保つには、膣内専用の洗浄剤で雑菌を洗い流すことが大切です。

細菌性膣炎を改善するための正しい洗浄剤の選び方

膣内の善玉菌である乳酸を補って自浄作用を向上させる

乳酸が不足した状態の膣内は、雑菌の繁殖に適した環境です。外部侵入してくる雑菌を防げず、細菌性膣炎にかかりやすくなります。不足した乳酸をしっかりと補うことで、膣内環境が正常な状態に戻り、雑菌に負けない膣内環境を作り出します。

乳酸を補うことで、膣内の自浄作用が向上して細菌性膣炎を改善することができます。

グー左

膣内洗浄剤は、雑菌を洗い流し、乳酸を補ってくれる洗浄剤がおすすめです。

84%が効果を実感!乳酸配合で膣内部の環境を整えるインクリア

  • 安心の産婦人科医と共同開発
  • 自宅でできる膣内洗浄
  • 乳酸菌配合で膣内環境を改善

>> 膣内環境を整えるインクリアの詳細を見てみる

産婦人科医と共同開発され、84%の使用者が効果を実感しています。しっかり雑菌を洗い流し、乳酸成分を補ってくれるので、膣内部の環境を整えながら膣内部の炎症を抑えてくれます。もちろん膣内環境が整えられることで、オリモノの臭いも改善されます。

細菌性膣炎の原因

膣内が清潔に保たれていないと、細菌性膣炎が発症します。具体的には、以下の2つが原因としてあげられます。

古いオリモノや体液などが膣内に残っている

もともと存在していた悪玉菌が、雑菌として異常繁殖してしまう。

性交時に男性から雑菌をもらってしまった

新たに侵入した雑菌によって感染してしまう。

大量の雑菌が膣内部に侵入すると、細菌性膣炎を発症してしまいます。日ごろのお手入れや、性行為の前後に陰部を清潔にすることが大切です。

痒みがあるのも細菌性膣炎の特徴

細菌性膣炎は、アミン臭というスルメや魚のような生ぐさい臭いのほか、痒みが出るケースもあります。

膣内部環境で、好気性菌や嫌気性菌などの原因菌が繁殖することにより、それらを洗い流すためにオリモノが分泌され、膣外部へと流れることで痒みを引き起こします。

細菌性膣炎は、繁殖した雑菌を洗浄することで症状が治りますが、それでも改善されない場合は、かかりつけの病院で局所治療(薬剤の挿入)や内服治療などを受けることで、臭いと一緒に痒みの症状も治まります。

性行為の回数が多いほど細菌性膣炎にかかりやすい

日本感染症学会の「細菌性膣症のガイドライン(http://jssti.umin.jp/pdf/guideline2008/02-8.pdf)」によると、性行為の回数が多いほど、またパートナーが複数人いる女性ほど、細菌性膣炎の発症率が高くなると示唆されています。

なぜ性的パートナーが多いほど細菌性膣炎を引き起こしやすいのかというと、性行為などにより膣損傷や膣炎が生じやすくなるからです。

なお、細菌性膣炎は性感染症(STD)ではないため、パートナーへの影響はありません。

細菌性膣炎(さいきんせいちつえん)は、自然治癒する?

細菌性膣炎は、自然治癒する場合もあります。しかし、放っておくと不妊症になる可能性が高いので、適切な処置をおこなうことが大切です。

産婦人科に通うのに少し抵抗がある場合は、自宅でのケアをおすすめします。インクリアで膣洗浄をすることで、細菌性膣炎の原因である大腸菌、連鎖球菌、ブドウ球菌、などの細菌を洗い流すことができます。

また、細菌性膣炎の症状の改善がみられた場合でも、生活習慣が乱れている方は、再度発症しやすいので注意が必要です。なるべく睡眠をとるように心がけて、ストレスを溜め込まないようして、生活習慣を整えることが大切です。

1ヶ月に1回の膣内ケアで、再発を防止することができます。治癒した場合でも、しっかりと予防をおこなっていきましょう。

妊娠中の細菌性膣炎には要注意

妊娠中は、ホルモンバランスが不安定になるので、細菌性膣炎や、カンジダ膣炎にかかりやすくなります。

膣内洗浄で、しっかりと雑菌を洗い流して、予防をおこなっていきましょう。

万が一、発症してしまった場合は、かかりつけの医師の検査を受ける必要があります。生まれてくる赤ちゃんにも悪影響を及ぼす可能性があるので、早期に治療をおこなうことが大切です。