クリーム色のオリモノがでる場合は、その形状に注目してください。オリモノが「泡だっている」場合は「トリコモナス膣炎」という性感染症を発症している可能性が非常に高いです。

こちら右

トリコモナス膣炎は、簡単に人へうつってしまう危険な性病です。オリモノがクリーム色で泡状に変化している場合は、ただちに産婦人科で検査を受けてください。

クリーム色の「オリモノ」が知らせるサイン

クリーム色のオリモノは正常な状態でも分泌されます。しかし、その状態によって、膣内の異常を知らせている場合があります。

クリーム色のオリモノ

正常なオリモノです。生理予定日直前のオリモノは、女性ホルモンの変化によって「クリーム色」に変色します。さらに、オリモノの分泌量も増加します。また、妊娠検査薬をしても反応がでないような妊娠初期にも、同じようなオリモノが分泌されることがあります。

クリーム色で泡だったオリモノ

クリーム色のオリモノが泡だった形状で出てくる場合は、膣内で異常が起きているサインです。この場合「トリコモナス膣炎」という性病にかかっている可能性が高いと考えられます。さらに、膿のような強い悪臭や、外陰部に激しいかゆみを感じることがあります。

グー左

クリーム色のオリモノでも「泡立った状態」であれば、迷わず産婦人科で検査を受けることをおすすめします。オリモノが知らせている膣内の異常を無視してはいけません。

クリーム色で泡状のオリモノは「トリコモナス膣炎」の可能性が高い

クリーム色で泡立ったオリモノが出る場合は「トリコモナス膣炎」を発症している可能性が極めて高いです。

トリコモナス膣炎とは、腟トリコモナス原虫という原虫が寄生することで炎症を起こす病気です。腟トリコモナス原虫は、女性の場合は膣・子宮頸管(子宮の入り口にある管)に寄生し、男性においては尿道・前立腺・精のうに寄生します。

ただし、男性は排尿によって原虫が洗い流されるため、尿道への感染はおおかた避けることができます。男性でトリコモナス原虫に感染した場合は、おもに前立腺や精のうに原虫が寄生している可能性が高く、前立腺炎や尿道炎を引き起こす危険性があります。

女性でトリコモナス膣炎に感染した場合は、膣・子宮頸管以外にも、膀胱・尿道にも寄生する可能性があり、尿道炎・膀胱炎・外陰炎などの炎症を起こします。

さらに、トリコモナス膣炎を放置していると、不妊症や早産・流産の危険性が高くなるので注意が必要です。

クリーム色で泡状の「オリモノ」の原因

トリコモナス膣炎のおもな原因は、「性交渉」です。しかし、膣トリコモナス原虫は細菌と違って、人間の体内を離れても水気のあるところでしばらく生息することが可能です。したがって、トイレやお風呂、プール、温泉などでも感染してしまう可能性があります。さらに、タオルや下着から感染したという事例もあります。

性交渉の経験がない人、さらには、「幼児」でもトリコモナス原虫に感染する可能性があります。

トリコモナス膣炎は、感染から約3週間?1ヶ月で症状がでると言われていますが、男女ともに自覚症状を感じないことが多いです。とくに、男性は症状がでなかったり、発病しない場合が多いため、気づかないうちに女性にうつしてしまう確率が高いです。

女性は、免疫力が落ちているときに感染すると、原虫が増殖しやすいため発病する確率が高くなります。

クリーム色で泡状のオリモノの改善法

クリーム色(黄緑色になることもある)で泡立ったオリモノが出るようになった場合は、ただちに産婦人科で検査を受ける必要があります。

泡立った形状のオリモノは「トリコモナス膣炎」の症状の特徴です。性交渉以外にも簡単に感染してしまう性病なので、症状が出ている場合は必ず病院で治療を受けましょう。

治療方法は、抗トリコモナス剤(フラジール)という内服薬の服用です。さらに、女性は膣内に挿入する薬(膣錠)をあわせて使用することもあります。

治療は、病院での検査で原虫の消滅が確認されるまでおこないます。自己判断で処方された薬の服用を中断すると、再発や二次感染の危険性があります。

また、トリコモナス膣炎と診断された場合は、パートナーにも検査をすすめましょう。性交渉が原因で感染する確率がもっとも高いため、パートナーに感染している可能性が充分にあります。再感染を防ぐためにも、必ず二人一緒に検査を受けることが重要です。