茶色のオリモノは、出血とオリモノが混ざったものです。月経後にオリモノに血が混ざって出てくる場合や、妊娠の初期症状の1つで出血がオリモノに混ざる場合があります。

しかし、茶色のオリモノは子宮内部の病気による症状の可能性もあるため、オリモノの状態や頻度に注意する必要があります。

さらに、茶色のオリモノに「強いニオイ」がある場合は、膣が炎症をおこしている可能性が高くなります。

こちら右

茶色のオリモノが出る場合は「子宮ガン」の可能性があるため、異変を感じるときは放置せずに産婦人科で診てもらいましょう。

茶色のオリモノが出る原因

オリモノが茶色に変色している理由は「出血」にあります。膣内で出血した血とオリモノが混ざったことで、茶色のオリモノに変化しています。

女性には月経があるので、オリモノに血が混ざることはありえます。しかし、茶色のオリモノは、出血している部位や原因によって、かなり危険な状況であることを知らせている場合があります。

茶色のオリモノに隠されたサイン

オリモノが茶色に変色する理由は出血によるものですが、茶色のオリモノが出る時期や、オリモノの状態によって原因がまったく違います。

茶色のオリモノが出る原因は以下の4つです。

月経後にでる茶色のオリモノ

月経後の血がオリモノに混ざり、茶色に変色することがあります。

女性の体は、月経期→卵胞期→排卵期→黄体期の順番で4つの周期に分けられていて、女性ホルモンといわれる「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の量が周期によって変化します。このホルモンバランスの変化によって、オリモノの状態や分泌量も変化します。

月経期(生理)が終わるとオリモノは徐々に増えていきます。排卵期にはもっとも量が増加し、月経期にもっとも量が減少します。

月経後は、オリモノが出始めるころなので、残った経血がオリモノに混ざることがあります。しばらくすると、経血は混ざらなくなり正常なオリモノに戻ります。

妊娠初期にでる茶色のオリモノ

妊娠初期症状の1つである「着床出血」により、オリモノが茶色に変色することがあります。着床出血は、受精卵が子宮に着床する際に子宮の壁を傷つけてしまうことで起こる出血です。

着床出血は、生理予定日の約1週間前?予定日までに起こり、3日程度で出血は止まります。オリモノが少々変色する程度の微量な出血が一般的ですが、まれに生理と区別がつけにくいような着床出血もあります。

また、着床出血は妊娠初期に必ずあらわれる症状ではありません。さらに、もともと生理不順だと生理周期がわからないので、判断が難しいです。

不正出血による茶色のオリモノ

月経後や妊娠初期でもないのに茶色のオリモノが出る場合は、子宮内部の病気による初期症状の可能性があります。

とくに、「性行為時」や「激しい運動をした後」に血や茶色のオリモノがでる場合は注意が必要です。ただちに、産婦人科で診察を受けましょう。

非特異性膣炎(細菌性膣炎)による茶色のオリモノ

茶色のオリモノがでるだけでなく、「強いニオイ」がある場合は「非特異性膣炎」という感染症を発症している可能性があります。

非特異性膣炎は、かゆみはさほど感じませんが、強い悪臭を放ちます。また、外陰部が赤く腫れあがることや、下腹部の痛みを感じることがあります。

こちら右

茶色のオリモノは病気のサインでもあります。「オリモノの量はどれくらいか」「いつオリモノが出ているか」「臭いがあるか」必ず確認してください。また、茶色のオリモノが続くようであれば、放置するのはやめましょう。

要注意!茶色のオリモノは病気のサイン

不正出血とみられる茶色のオリモノがでる人は、以下の病気にかかっている可能性があります。

子宮体がん

子宮体がんは「子宮内膜がん」とも呼ばれ、子宮内膜の細胞が「ガン」におかされる病気です。子宮内膜とは子宮の内側にある粘膜で、受精卵が着床し胎児を育てるためのベットの役割を果たします。排卵日にあわせて膜が分厚くなり、妊娠しなければ膜がはがれ落ちて「月経」として排出されます。

子宮体がんの症状としてあらわれるのが「不正出血」です。子宮体がんは高齢の人がなりやすい病気なので、「閉経後や更年期に不正出血」があった場合は、子宮体がんの可能性があります。また、生理不順や乳がんになった経験がある人は、閉経前でも子宮体がんになる可能性があります。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮頸部の粘膜が「ガン」におかされる病気です。子宮頸部とは、子宮体部で大きく育った胎児が出産のときにとおる産道部分です。

子宮頸がんの症状としては、「不正出血」「オリモノ分泌量の増加」があります。しかし、子宮頸がんの場合は初期症状をほとんど感じないことが多く、ガンが進行して初めて自覚症状がでてきます。この場合の自覚症状としては、下腹部痛・腰痛・足の痛み・排尿障害・血尿・血便があります。

初期症状を感じる人は少ない病気ですが、「性交時の不正出血」がある場合は、子宮頸がんの可能性があるので注意です。

子宮頸管ポリープ

子宮頸管ポリープは、子宮の入り口である子宮頸管部分にできる腫瘍です。腫瘍は、3?5ミリ程度の大きさで、ガン化することはない良性のものが大半です。妊娠を希望するのであれば切除しますが、良性の腫瘍の場合は放置してもさほど問題はありません。

子宮頸管ポリープの症状は「不正出血」です。子宮頸管部に腫瘍がある場合、「性行為や激しい運動をした後」に出血します。

こちら右

どの病気も「早期発見・早期治療」が重要です。不正出血とみられる茶色のオリモノが出る場合は、ただちに産婦人科を受診しましょう。また、初期の自覚症状が出にくい病気もあるため、定期的な「子宮ガン検診」が大切です。